最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    • カテゴリーなし
    戦いの3年間

    看護師という仕事は、そう簡単に経験値が積めるものではありません。
    看護学校を卒業していると言っても、それは基礎中の基礎でありしかも机上の学問に過ぎません。
    実際の現場で起きている状況のシミュレーションでしかなく、本当に実際の現場で起こることはもっと緊急性が高かったり、もっと変動が大きかったり、様々な事象が起こります。
    さらにいえば、現場でないと会得できない知識もありますから看護師としてそれなりに物になりだすには3年は必要だといわれています。

    なぜ3年という年月が必要だといえるのか。
    それは、転職などにおいて必要となる求人の要項の多くに、実務経験が3年以上有る看護師を求めているという点が根拠となります。
    これは言い換えれば、実務経験が3年に満たない看護師は転職しようとしても決まることがないということの裏返しだといえます。
    実際に3年経過しない内に他の病院に転職してしまったケースの多くは、転職先のほうが大変だと嘆いているケースが多いです。
    だからこそ、最初の3年間は辛くても闘うしかないのです。
    仕事をするプロフェッショナルには、どうしても辛い下積みは山ほどあります。
    芸能の世界ではもっともっとシビアな下積み、落語の世界では30代から若手ともいわれるほどに下積みが長いものです。
    3年という時でどれだけ吸収して、どれだけ成長できるかが将来のキャリアを変えます。

    イチ押しリンク